ここはイラストレーター槻城ゆう子のブログです。
お仕事情報や日々思うことを、気まぐれに書いていきたいと思います。+++2007.1.1 start+++
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「IL BARBIERE A FUMETTI 漫画セビリアの理髪師」

イタリアはボローニャ、バラッカーノ小劇場の実験的プロジェクト、日本の漫画とイタリアのオペラのコラボ作品「IL BARBIERE A FUMETTI」のヴィジュアル担当を務めさせて頂きました。イタリアではオペラは古典であるため敬遠されやすいらしく、もっと気軽にオペラを楽しんで欲しいとの期待から、親しみやすい漫画とのコラボを企画されたそうです。この辺の事情は、日本で能や狂言が難解にみられ、鑑賞マナーなどに敷居の高さを感じてしまうのに近いのかな?と思います。イタリア国内のツアーに合わせ、小学校などでも公演をしたいと希望されてました。この公演で、新しく興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいです。

 

「IL BARBIERE A FUMETTI」は、物語を演技と歌で語る歌手がいない公演ということで、絵で物語の進行を解りやすくするために槻城がシナリオを再構成して絵にしました。元々「セビリアの理髪師」はラブコメで、槻城はラブコメ漫画家だったりもします。一枚絵では割と重めと言われがちな槻城ですが、漫画ではコミカルな表現も好んで使うので、両方の手法を交えて緩急をつけて解りやすく致しました。相手がロッシーニだからってやってやれないことはない…と思う。

〜簡単なあらすじ〜

とある未明の街に、美しいヒロインに一目惚れして追っかけて来た若き伯爵。ヒロインが住む屋敷を見つけ、窓に向かい恋の歌を歌い誘うが応答はない。そこへ街の便利屋フィガロがやって来て(そもそもなぜこんな時間に…邪推)伯爵と出会い、伯爵はヒロインが女相続人で有り醜悪な後見人の医師に監禁されていると知る。医師は事もあろうにヒロインとむりやり結婚するつもりだった。フィガロは伯爵に報酬を約束してもらい、恋の応援を請け負う。…ここから変装や、フィガロの奸計で医師を出し抜いたりすったもんだが数回。ヒロインが自分が騙されていると思い込み自暴自棄になりそうな頃、変装した伯爵が恋する姿なき相手であったことに気づきハッピーエンド。

 

…ごめんよ、ロッシーニ。

簡単に…本当に簡単に…解りにくいエピソードをばっさり削ぎ落として簡単にしました。時間軸と距離感も分りにくかったので整えました、元のお話を変更せず、出来るだけ簡単に…あ、簡単じゃなくてシンプルと言えばいいのか。

   

(絵のところどころに付けられた色は、劇場のアートディレクターの手によるものと思われます。)

 

これまで演じられてきた登場人物たちの造形は、言ってみればバタ臭い年齢高めの設定のものが多かったようです。しかし槻城フィガロは、槻城の好み100%で造形させていただきます。街の皆んなに慕われる器用気さくな粋な青年、嫌味なく貴族に対しても臆さない軽やかさを持ち、そして黒髪だ!…というのもフィガロの王道のイメージカラーは黄金なんですって。いやいや黒でしょ、黒カッコいいでsy…「OK!カッコいい!」とクライアント(イタリア人美女)から、かなり食い気味に了解を得られたのは嬉しかったです…。対してアルマヴィーヴァ伯爵は元はフィガロより年上の少々高慢ちきな裕福な貴族(しかも髪色が青!)。でも、わざわざ国をまたいでヒロインを追っかけてくるような裕福な貴族が、奥手というのはいささか価値基準が疑問。そこで、裕福だが若く世間知らずではあるけれど、ヒロインに対しては一途…(続編モーツァルトの「フィガロの結婚」では、フィガロの婚約者に手を出そうとする不埒者になるけど)…という塩梅に。ロジーナも定番は美女で烈女…こちらの妖艶なイメージも嫌いではありませんが、あくまで槻城ラブコメのヒロインであることと、伯爵とのバランスもあり華奢だけど芯のある少女に。彼女のシーンはいつも光が有るようなイメージに。名前が薔薇由来なので、衣装にも薔薇を。ヒロインと伯爵を幼さのあるキャラクターに設定することで、フィガロは報酬のためも有るが、可愛い二人の恋を応援をする兄貴的立ち位置で動いてもらうことにしました。

 

 

8月19日?バラッカーの小劇場中庭で初日の公演が滞りなく行われたとの知らせが届きホッと致しました。残念ながら見に行くことは出来ませんでしたが、なかなかに好評だったとのことでよかったです。初日を皮切りに、既にイタリア国内でのツアーが決まっているそうです。そして出来たら日本でも公演したいとのこと。その機会が訪れたなら、日本の友人らにも見てもらえるので嬉しいですね。

 

ご覧になった方々が笑顔になるような公演でありますように。

 

ボローニャの新聞紙に紹介されました。

他にも、色々なイタリアのメディアで紹介されたようです。

 

辻仁成さんが編集長を務めるWebマガジン「Design Stories」に、現地で初日をご覧になった荒川はるかさんが記事にしてくださってます。「ボローニャの夜を沸かしたポップな「セビリアの理髪師

 

■ジャンバッティスタ・ジョコリ氏による曲目リスト■

 

01・Sinfonia

第1幕第1場
02・Introduzione:Piano,pianissimo,senza parlar
03・Cavatina:Ecco ridente in cielo
04・Oh sorte!
05・Signore conte
06・Mille grazie mio Signore...

07・Cavatina:La ran la lera...Largo al factotum
08・Duetto: All'idea di quel metallo
09・Numero quindici a mano manca
10・vivace

 

第1幕第2場
11・Cavatina: Una voce poco fa
12・allegro
13・Aria: La calunnia è un venticello
14・Duetto: Dunque io son... tu non m'inganni?
15・Finale 1: Ehi di casa!... buona gente
16・Che casa accadde
17・Mi par d'essere con la testa

 

第2幕
18・Aria: Contro un cor che accende amore
19・allegro
20・Quintetto: Don Basilio/Casa veggo!
21・bravissimo
22・Bricconi, birbanti!
23・moderato
24・allegro
25・Aria: Il vecciotto cerca moglie
26・Temporale
27・Terzetto: Ah! qual colpo inaspettato
28・Zitti, zitti, piano, piano
29・Finaletto 2: Di si felice innesto

| 10:07 | 漫画 | - | - |
幻獣神話展

夏の恒例になりつつある大規模展示会に参加、今年で四回目です。

8月10日〜19日東京交通会館 地下1F、ゴールドサロンから溢れる点数の作品群をぜひお楽しみくださいませ。

 

たまにはドラゴンもいいかも?とは思ったのですが、ちょうど調べものをしていた”亀蛇”が頭に浮かんでしまったのでモチーフにしました。

”亀蛇”は、熊本県八代市にある八代神社(妙見宮)の守り神と言われ、文字通り”亀”と”蛇”が合体した玄武と同質と言われる存在です。せっかくなので妙見様(天御中主神)に騎乗して頂きました。

作成は2点、展示した絵はなんとなく黒い方でした。

 

 

| 15:40 | お仕事情報 | - | - |
「澁澤龍彦オマージュ」展

本好きならば、気がつけば手に取っている作家の一人が澁澤龍彦だと思う。

文化に潜むあやかしの者共を知らしめてくれた著書の数々は、そのほの暗さに反して、夢や希望があったと個人的には思っています。

 

ご縁あって、美徳と背徳に満ちた展覧会へ参加致します。

お近くにおいでの際は、気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

「オマージュ澁澤龍彦-悪徳の栄え-」
そのエロチィシズムと背徳の美学 展

2017年 7月29日(土)〜8月8日(火)
場所:銀座スパンアートギャラリー

| 15:37 | お仕事情報 | - | - |
原田病経過報告

免疫抑制剤投薬終了から初の受診。

いつもの視力、眼圧、OTC、網膜と眼底撮影の検査は、再発の傾向無く良好。

点眼薬ミドリンPは、左目1回、右目2回は変わらず。

フルメトロンは炎症再発が長期みられないので終了。

 

動いて息が上がるのは少し緩和されたかな?

先日、友人らが脱薬祝いをしてくれて三年ぶりにお刺身を頂きました、美味しかった…まだ少量しか頂けませんが。少しづつ復調です。

| 23:51 | 原田病 | - | - |
ボローニャ旅〜「セビリアの理髪師〜IL BARBIERE A FUMETTI」3

  

ボローニャには十日間駐在し、最初の三日間はイベントでした。その後は劇場で打ち合わせを詰めたり、関係者の方にあちこち案内してもらったりもいたしましたが、そういつも誰かに同行をお願いするわけにも行きません。致し方なく簡単なお買い物イタリア語をいくつか教えてもらって、1人マッジョーレ広場に出掛けた時はかなりドキドキ致しました、だって本当に日本語しか話せないんですもの。それにお国のルールも分からない。おまけに地理もあやふや。

   

それでも通訳さんに貰った観光地図片手に、持ち前の感覚でアッチだ、とテクテク歩ける範囲で、すっかりお気に入りになって2回参詣した聖ステファノ大聖堂では修道士さん相手にお土産買ったり、日常雑貨店や市場に立ち寄ったり、宿がコンドミニアムでコンシェルジュなどいないので、食事も自前でなんとかしたりしました。備え付けの常備品もありましたが、やはり新鮮なものを食べたいわけです…エスプレッソマシンは助かりましたが。夜はさすがに1人では出掛けなかったものの、おかげさまでボローニャに暮らしている気分はなんとなく得られました。

   

部屋のバルコニーから眺める風景にも馴染んだところでボローニャともサヨナラです。ボローニャは教会だらけと言っていいほど、特に旧市街には古い教会が密集していて、朝と夕方、アチラコチラの教会から鐘の音が届きます。帰国する時は、この音が聞けなくなるのが残念に思うほど、ボローニャが好きになっていました。

   

帰国後、ボローニャとのやりとりはネット確定だったので、事前にタイトなスケジュールなこともあり、得意なモノクロ絵での提示であること、全てラフ無しの一発描きであることを了承をもらいました。責任は掛かりますが、物語を仕切るには豪腕を以て楽しむことが必要な場合があります。漫画は見た人が楽しいと感じてもらうメディアです。それは作家も楽しく作品世界に没入してこそ。

表示される際は最低でも3メートル幅とのことで、そのサイズに耐えられる絵にすることも気合と体力が必要です。

架空のボローニャで、めいっぱい生きるフィガロを描きたいと思います。

 

コンセプトを明確にするための見開き漫画。

通訳さんがセリフを訳してくださいました。有難うございます。

 

オマケ1。現地からのリアルタイムなツイート他をまとめたもの → ボローニャの旅

オマケ2。トイレの情報。現地では旧ボローニャ大学を勧められましたが、個人的にうろついた結果、市立考古学博物館/Museo Civico Archeologicoが空いていてお勧めです。所蔵品もローマの遺物が有り余ってる感じで面白かったです。

 

| 23:16 | | - | - |
ボローニャ旅〜「セビリアの理髪師〜IL BARBIERE A FUMETTI」2

海外旅行は数えるほど、日本語しか話せない槻城が無謀にも単身ボローニャへ出向いたのは、実際の街の空気を知りたかったのと、ご招待くださったボローニャ大学の方も、街を見て構想してほしいと仰ったので、そこは意義を見つけたく参った次第。

 

滞在最初の三日間は、制作発表会をしたバラッカーノ小劇場にて「NipPop 2017」の見学が中心。主に日本の漫画やアニメ、ゲームや映画などのサブカル文化を紹介するイベントで、今年は「日本の化物や妖怪がテーマ」。怪奇作品やホラー的なCMなどを考察した講座が、修道院でもあった元教会の劇場内の各小部屋で開かれたり、アーティストが地獄絵的な絵を描くパフォーマンスなどをしておりました。イベントでは、僭越ながら初めてコスプレ審査員をやらせてもらいました。レイヤーの皆様のキャラへの愛は日本人のそれと同じで、よく作品をご存知なのが見て取れて可愛かったです…いちおう知ってる作品たちでよかった。

槻城はというと、街の観察が仕事でもあったので、イタリアらしいカラッとした陽気のもと、劇場の中庭に設置されたテーブル席で通訳さんや入れ替わりに訪れるゲストさんたちと他愛もないおしゃべりしたり、ケータリングの食事をつまんだりしてノンビリ過ごしておりました。ボローニャは、フランスと近いのでオリーブオイルよりバターを使うことが多いそうです。色んな方とお話しましたが、中でも美しい日本語を流暢に話されるアメリカ人が、その場で数人を前に妖怪ミニ講座を初めたのにはびっくり。彼はカルフォルニア大学で日本民俗学を研究している、マイケル・フォスター博士という妖怪関係者で知らぬ者はいないだろう有名人でした。マイケルさんとは日本の民俗学や神道の話をしたり、観光をご一緒したり少し仲良くさせてもらいました。帰国後に小論を送ってもらいましたが、英語圏でも妖怪はYOUKAIだそうです。他にも通訳さんを交えてイタリア人女性とお話していたら、「日本行ったこと有る、熊野で御守貰った」と御守を見せてくれたので、普通に「チャーム」とか「ラッキーアイテム」と言えばいいのに「タリスマン」と口走ってしまい、なぜか「セフィロト」「エクソシズム」「カバラ」「グノーシス」などの単語が飛び交いはじめ、そちらに明るくない通訳さんをどんどん置いてけぼりして、私と女性だけでほくそ笑みあい、通訳いらずになったのは面白かったです。

   

ボローニャの中心地「旧市街」は、昔の城壁に囲まれた区域。テラコッタカラーの中世の町並みが残るとても美しい街で、13世紀頃の教会などがいくつも有って、ファンタジーイラストレーターでもある槻城は、目に入る物すべてにうっとりでした。ご用意くださったコンドミニアムも旧市街のほぼ中心、マッジョーレ広場にほど近い所にあり、古い建物をリノベーションした素敵なお部屋でした。それもバルベリア通りに。これは主催者側も気が付いていなかったみたいで、「セビリアの理髪師」だからこの通り沿いの宿を用意したの?と聞いたら、あっ!とばかりに目を見開いていました。Barberia(バルベリア)とはbarber(バーバー)、つまり床屋の事。しかもオーナーがローザさんで、ヒロインのロジーナ(薔薇)に掛かっているという凄まじい韻の踏み方なのに偶然とは…神様の結んだご縁なのかな?と、一人異国の地でプロジェクトがうまくいくように祈願したのでした。

   

とまぁ昼間はイベント見学、時折抜けては12〜13世紀には100本も建てられ現在唯一残ったという12世紀の2つの塔を眺めたり、1088年に創立されたヨーロッパ最古の大学旧ボローニャ大学で使用中の教室を見学させていただいたり、ジェラート食べたりバルのテラス席でカンパリ飲んだり、たくさんある教会を行く先々で覗いたり…郊外の丘の上のサン・ルカ教会には車で連れて行ってもらったり、本物のイタリア軍やカラビニエリ(は写真を撮ると怒られるので…)を眺めたり、見るものすべてがとても刺激的でした。常時、フィガロがここに住んでいたらどう行動するだろう…と考えるのは創作の楽しみです。

   

ボローニャで特徴的なのは、ポルティコと呼ばれる独特なアーケード。それは巡礼の道でもあり丘の上のサン・ルカ教会まで続いていているそうです。ポルティコは全長53kmとも言われていて13世紀頃?から何世紀にも渡って作られ続け、様式も装飾も色々。市内観光するだけで石造りの歴史ある建造物がそこら中にあるという、中世好きにはたまらない街がボローニャでした。あと食べるものが全て美味しい、特にハムとチーズ!

   

常々百聞は一見にしかずと思っているので、ボローニャに身を置けたのはとても良かったと思いました。

| 16:04 | | - | - |
ボローニャ旅〜「セビリアの理髪師〜IL BARBIERE A FUMETTI」1

急遽、ヨーロッパ最古の総合大学、ボローニャ大学関係者に招待され、まさかの海外一人旅。
一番驚いたのは槻城本人です。

「日本の漫画家とコラボしてオペラの舞台を作りたい」とのご相談。

 

音楽はとても好きですが、オペラはワーグナーやプッチーニを嗜む程度、「セビリアの理髪師」はフィガロがカッコいい程度の認識。しかも槻城は漫画家としては作品数も少ない寡作の作家。そもそもなぜ槻城に白羽の矢が?とは思っても、せっかくのご縁、めったにない機会にはチャレンジするしかありません。

深夜羽田発エミレーツ航空でドバイを経由してボローニャへ。
郷土熊本空港と同程度の比較的小さめの空港ロビーに、ボローニャ大学の方が迎えに来てくれました。見た目が髪色もブルネットのローマ人な方でしたので会話が心配でしたが、なんでも日本文学に携わっていて横溝正史の翻訳をされたこともあるとのことで問題なし。ビストロ?で一休みさせてもらって到着早々最初のお仕事、制作発表会です。

場所はボローニャ旧市街の南東端、バラッカーノ小劇場。古い教会を改装した劇場は、当時の壁画もそのままで趣があリました。発表会前に劇場の事務所で打ち合わせ…ここの壁にも古い十字架のイエス様の像が残されておりました…通訳さんを交えて先方のイメージを伺います。滞在中の限られた時間しかありません。私は、すり合わせ材料として粗筋や主なエピソード、キャラクターイメージ画を用意。先方の作りたい作品の形と、私が持つイメージの確認作業は順調に運び、言葉が分からなくても絵は世界共通であると感動しました。聞くとイタリアでは漫画やアニメなどの人気が高く、その日本独特とも言える漫画の書式にも理解が有るとのことでした。しかし、お話を詰めていくにつれ細かい点が明確になっていきます。

 

演奏は、指揮者でプロデューサーでもあるジャンバッティスタ・ジョコリ(Giambattista Giocoli)氏率いる小楽団。元々2時間に及ぶオペラですが、現代向けに聴きやすく短くした演奏時間とのこと。その演奏中の背景スクリーンに表示される絵を、私に描いてほしいとのことでした。そして爆弾発言いただきます。「歌手はいません」

 

オペラは、音楽にのせて歌手が舞台で歌い演じて物語を伝えます。
その歌手がいない。しかも「セビリアの理髪師」は途中で主人公の立ち位置が替わったり、一人の人物が変装したり偽名を使ったり、物語を進めるアイテムがメモ書きだったりと、絵的に非常に解りにくいのです。私「アニメじゃないと無理…」

 

久しぶりに脳内が組み替えられる感覚に襲われました。それまでは、歌があるから曲のイメージを一枚絵にして、あとは臨機応変でカットを入れて…などと考えていたのです。とはいえ、物語がある以上それを伝えなくて何が作家かと。ジャンバッティスタ氏は、楽器の音で人物を演出するとのこと。場の雰囲気も曲の緩急でわかるのでは…?となると、なんとはなしになんとか出来そうな朧げな感覚が生まれました。そこでいったん案件を宿に持ち帰り、ボローニャ滞在中に構想をやり直すことにしました。任せてもらえれば、冒険とも言える実験は嫌いではありません。

そうした濃厚な一回目の打合せ直後…出国して直行で何時間?迎えた「IL BARBIERE A FUMETTI」と題された発表会には、劇場とオペラと漫画に興味のある方々にお集まりいただいた模様。通訳さんを通し、この実験的な試みへの取り組み方などを話し、簡単なライブドローイング…概ね漫画用品(筆ペンにミスノン)と手法(アシスタントにベタを塗ってもらうなど)の説明でしたが、生で見るのは珍しいらしく楽しんで頂けたようでした。 発表会は、日本人でボローニャ在住のオペラ歌手、有光・ヴィトゥッチ・泰子さんのリサイタルで締めくくられました。(プロジェクト「IL BARBIERE A FUMETTI」)

   

この日は、ボローニャで毎年行われているという、日本のサブカル紹介イベント「NipPop 2017」の初日とのことで、開放されたバラッカーノ小劇場の中庭や、ローマ時代の遺構を改装したようなお店での各国のゲストさんたちとの交流会などに同席させて頂きました。大学主催の日本交流会だからでしょうか、あきらかに欧米人という方々がこぞって流暢な日本語でお話くださるので、日本語しか話せない槻城も割と気兼ねなく過ごさせて頂きました。

| 15:35 | | - | - |