sunmontue wedthrfri sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

召喚の蛮名〜Goety † 玩具館・三隣亡

2017年1月末の復刻が正式に告知された我が「召喚の蛮名〜Goety」ですが、先駆けて展示会を行うとのお達しを頂き、槻城初の大規模展示となりました。ただ、自分の作るものは絵なので立体的に寂しい…と思っていたところに、以前からお付き合いがあり小説の挿絵を担当させていただいたこともある、石神茉莉先生がアドバイザーの玩具館三隣亡がコラボしてくださることになりました。

 

召喚の蛮名〜Goety † 玩具館・三隣亡

場所:群馬県前橋ギャラリー・アートスープ

期間:2016年12月16日〜12月26日

開場:11:00〜19:00(最終日17:00、火曜水曜定休、入場無料)

復刻版のカバー絵がお出迎え。

笑顔のヒロインに反してエントランスからマントのシルエットの見える黒く妖しいムードです。

海外のお屋敷のような額装絵びっしりの階段…ゴシックな雰囲気。

階段を登りきると黒い魔術的空間が現れます。

アートスープさんは普段は真っ白なギャラリーさんです。

槻城画は大小合わせて40点以上?に三隣亡さんの底知れない物量の綺羅びやかな妖しいアイテムたちと、空間演出のHdsさんのおかげもあって準備期間が短かったとは思えない、在廊するものを圧迫するようなゴシックテイストな空間が出来あがりました。しかも占い師とメヘンディアーティストの今大路智枝子さんが数日在廊してくださると!これは気になります…というわけで、16日と17日に槻城も少し在廊致しました。

 

Xmasのこの季節、普段使い出来る一点物なども有りますので、迷い込んで見るもの一興かと思います。

槻城の新アイテムは「召喚の蛮名〜Goety」に使った次作魔法陣のコースター。

妖しい変化が起きるかは分かりませんが、パーティなどの余興にでもお使い頂けると幸いです。

さて、この黒い空間に白い書物が一冊。その出現に関係者皆が驚き”奇跡の書”と言われた「小説すばる1月号」です。この展示会とはまったく無関係に、石神さんの小説挿絵を槻城が担当致しました。おまけにこの会期に合わせるように17日発売なので会場に置かせていただくことになりました。「すばる」さんにしてもこういった出向は殆ど無いとのことです。

 

「すばる」もコラボもまったく意図せず収束した今回の展示に、スタッフ揃ってミラクル…を連呼していたという。

日に日に変化すると言う三隣亡さんの展示等の詳細を石神さんのブログご案内されています。素敵アイテムを見つけてくださいませ。

そして、三隣亡さんの協力者でもあるアニメーションの監督や演出をされる角銅博之氏によるPVもいただきました。ヒロイン栃草緋不美が風に煽られています。こういう絵の使われ方は今まで無かったので新鮮。

色んな方々のご尽力とミラクルで成り立ったこの展示を、ぜひ体感いただきたいと思います。

ご来店、心よりお待ちしております。

| - | - | - - | Top ▲
<< お仕事情報 / お仕事情報 >>