ここはイラストレーター槻城ゆう子のブログです。
お仕事情報や日々思うことを、気まぐれに書いていきたいと思います。+++2007.1.1 start+++
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
■創作と原田病■
自分はあまり、ネガティブな思考をしない方だと思いますが、あまりにレアな免疫疾患を発病して流石に堪えました。少し感覚的な内容かもしれませんが、作家廃業を考えた人間の心持ちを書き置き致します。

体調の悪さが作品の出来に影響がないように、ずっと気をつけておりました。描きたいものを描くために、区の検診などを利用して健康管理をしていました。ところが、自覚なく、検診にも現れない、予見しようもない病に自分がかかってしまった。気付いた時には、創作に不具合な目の不調となって現れました。よりによって目に!

酷い霞み目となって現れた、全身性免疫疾患「原田病」。2014年9月末に発病して、すぐに免疫抑制治療を開始したものの、視神経の炎症や検査用散瞳剤ミドリンP点眼薬による視野のぼやけで、執筆活動が著しく困難になりました。視力は、これを記している現在も両眼とも裸眼で1.2ありますが、病と薬によってぼやけた視界は、メガネを掛けたとしても補正できず、自然と回復するのを待つしかありません。

治療初期時は、一日中、小説の文字や細かい物がぼやけて殆ど見えませんでした。ようやく薬が切れて視野が戻ってきても、視神経の炎症のせいか、面相筆の筆先やペン先が二重に見えて、ペン先と原稿用紙の距離がつかめない状態でした。一時期は、点眼で使いものにならない右目を左手で塞いで、左目だけで作画していました。片目だと空間認識が狭まり距離感がつかめないのですが、筆先での狙いがつけやすくなるからです。しかし、左目だけの作画は過剰に左目の負担になって酷く疲れるし、絵の全体を把握できないままでの作画でしかなく、結局は満足行く絵にはなりませんでした。

あと、治療薬の影響で頭が朦朧としてスケジュール管理と作業工程の段取りができなくなり、臥せって消費した日数を確認中に〆切に間に合わない発注に気がついて、一旦お引き受けしたお仕事を、お断りしたのも初めてでした。この時のイラストの担当さんには、連絡が遅れてご迷惑をお掛けしてしまい申し訳なかったです。

とにかく、大量のステロイドによって思考力を落としている状態でしたので、漫画の芯になるお話(ネーム)を作ることは本当に悪戦苦闘致しました。言葉を紡ぎ、伏線を張り心情や場面を動かし、登場人物に望む自分の気持ちのありようを回収する…。本来なら休載するべきだったのかもしれません。でも、どうしても描きたい作品だったので、担当さんに事情を話し、言葉選びなどを手伝って頂き完成させました。以前なら、一語一句、自分で管理していたのに情けない話です。根気よく付き合ってくださった担当さんには感謝の言葉もございません。

漫画は人物が動きます。行動の様子も有りますが、表情で心情を描くことで物語を表現します。これも非常に困難でした。なんといっても自分自身の目に力が入らない。物を見る時のくっとした気が目に入らないのです。例えるなら、どこか遠くを見ているような感覚です。漫画家は、人物の表情を描いている時に同じ表情をしているといいます。つまり作者の目に力が入らないということは、キャラクターが作中で見せる、対象との距離感があやふやになってしまい、意志の強さや思いの強さが出せないのです。

本当に泣きました、絶望しました。思うように描けないということは、とてつもない喪失感でした。
ここで描くことを辞めなかったのは執念以外ありません。
作品に没頭している間は、何もかも忘れられるからです。

恥を忍んでお話致しますと、連載作品「通りすがりの怪事件」を掲載順に読んで頂くと分かりますが、発病直後に描いた第二話に比べ、約一年後に描いた第六話の登場人物は眼力が強くなっていると思います。併せて輪郭線の勢いも戻りつつあるのが見て取れるかと思います。手ずからの表現が戻ると共に、病気も改善してきました。作品内容もあって、祈るような気持ちを持って休載すること無く描き続けたおかげで、喪失感からも脱することが出来ました。自分では筆を折ることも考えたほど深刻な状況下での制作でしたが、読者様の「和んだ」とのお声に、気持ちが届いたと感じとても救われました。掲載してくださったホーム社新耳袋アトモス様にはコミックス化も予定して頂き、誠に有難い次第です。諦めないで良かった、本当にそう思います。

今回の試練は、今まで生きてきて足りなかった経験を一気にしたのだと、これは今暫く作家としてあがく糧を貰ったのだと、ゆるり前向きに考えられるようにはなりました。幸い周囲の皆様方から、さりげなく気遣いや応援を頂いてます。それは、なんて心強いことでしょう。本当に有難うございます。

完治までもう暫く…再発の可能性もなくはないけれど、優しくしてくださった皆様のことを思い出し、病に向き合っていきたいと思います。皆様に、心からの感謝を。まだ描きたいものがたくさんあります。
| 16:50 | 原田病 | - | - |